ガラスモザイクに関する様々な事を綴り、紹介するブログ


by mosaiquedodeca
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2014年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

久々に、NHK柏教室の近況

b0143231_10173388.jpg
  花の蜜を吸うハチドリ。NHK柏教室の生徒さんの作品です。ハチ角形の作品です

b0143231_10184435.jpg
      八角形の額に入ります



 私が(ガラス)モザイクを学んだのはフランスですが、フランスには “モザイキスト” という職人が存在します。私が入学した国立高等装飾美術学校の絵画科の教授のジャック・デピエール(jaques despierre)さんは、我々学生にモザイクのピースの割り方、並べ方など基本的な事を教えてくれましたが、実際に彼の原画で作られた壁画の作品は職人が作っていました。デピエール教授の作品の制作現場は見た事ありませんが、ガラスモザイク職人の仕事は見た事があります。7年くらいの留学から帰国して、8年後に初めてヨーロッパに旅行(それまでお金がなくて行けなかった)した時です。結婚して何年か経った後、遅まきの新婚旅行とも言うべき旅行でした。南フランスのビオットという町のフェルナン・レジェの美術館を訪れたら、体格の良いおばさんが15メートルくらいの高さの外壁に大きなガラスモザイク(レジェの作品が原画の)を制作していました。地上から10mくらいの所に吊るされたゴンドラに乗ってガラス片を割って一個一個貼付けていました。下から声を掛けて「どれくらい前から取り掛かっているんですか?」と訊いたら「大体2ヶ月位前からだよ」と答えてくれました。「貴女独りで作っているのですか?」、「そうだよ」「・・・」。壁一面のモザイクの三分の二くらいがもう出来上がっていましたから、随分と仕事が速いなと驚きました。原画にはガラスのピースの形、並べ方等は、勿論描かれていません。それは職人の領域の仕事です。職人は、原画を見て形や空間の関係等を把握して、下絵のラインに沿って作っていきます。従って、線が描ければ後は自動的に作っていけるので、一旦取り掛かったら速いのです。モザイク(いわゆる「ローマンモザイク」)の場合、作り方は決まっているので、数百平方メートルの作品も3〜4ヶ月で仕上がってしまう訳ですね。

 日本ではモザイクの職人は同時に作家でもある訳で、「モザイキスト」とう職業は成立していないようです。原画を描く人が同時にモザイクの制作を行います(アルバイトを使う事はありますが)。私はそういう状況を称して、自分の事を「ガラスモザイク界の《シンガーソングライター》だ」なんて言って悦に入っていますが、それは日本では仕事がないので、 “作るだけの専門の人” が存在しえないという事でもあります。また同時に、《モザイクのピースの並べ方による絵画空間の作り方=ローマンモザイクの作り方》が確立(職人なら誰もが習得する技術として)していないという事でもあります。フランスでは、数は少ないと思いますが、左官職人あるいはタイル職人のように、専門のモザイク職人がいるようなのです。かつての浮世絵の、絵師、彫師、刷り師のように、ガラスモザイク壁画も分業が出来ている訳ですね。

 ガラスモザイクを学びに来て下さる生徒さん達は最初は課題制作を行いますが、直ぐに自作の絵を原画に作り始められます。絵が好きで、展覧会なども頻繁に見に行かれる、美術に詳しい方が多いです。中には私の絵の教室に通っておられて、後にガラスモザイクも始められたという方もいらっしゃいます。ガラスモザイクはどちらかと言うと、「工芸」では無く「絵画」の一分野と言えるのかも知れません。そんな訳で教室の生徒さん達もまた、ほとんどが《シンガーソングライター》なのです。

ハチドリの作者Yさんの他の作品を紹介します。

b0143231_1020982.jpg



 次は同じ柏教室で同時期に始められたWさんの作品を紹介します。

b0143231_1022598.jpg
      口から泡ぶくが出ています 少しカラフルな鱗が美しい

b0143231_10222692.jpg
     赤いポピー

 Wさんは毎年この時期になると年賀状の為に作品を作られます。まだ途中ですがご紹介します。

b0143231_10235061.jpg
   なんともやさしい表情の羊ですね・・出来上がりが楽しみです



 次は別の場所で私の水彩画の教室に通っていらして、ガラスモザイクにも興味を持たれて、始められたお二人の作品です。HさんとYMさん。

 Hさんの作品から

b0143231_1026691.jpg
           3本の木

b0143231_10272083.jpg
        ヨット2艘 海の上には入道雲が

b0143231_1028141.jpg
      白川郷の冬景色でしょうか? 夜空に星がまたたいています


b0143231_10191697.jpg
   こちらの3枚の葉っぱは下絵からきちんと描いてらっしゃいます

b0143231_10285448.jpg
         春に作られた櫻の作品

 HさんとYMさんはとっても仲が良く、お二人のまわりでは笑い声が絶えません。相談しながら同じテーマの作品を同時に作られるくらい仲が良いのです。

次はYMさんの櫻の作品。

b0143231_10292834.jpg
     同じ櫻でもHさんと違って花びらではなく木を見上げたところ

b0143231_10311957.jpg
これもHさんとYMさんとで相談して同じテーマで作られた作品です(どちらがどちらの方の作品かは失念)

b0143231_10313082.jpg
こちらも同じテーマで作られた、モンドリアンの絵の一部を作品にしたもの(もう一方は写真を撮りませんでした)

b0143231_10275794.jpg
    かわいいクリスマスツリーの小品の連作はYMさんの作品

b0143231_10324215.jpg
YMさんが作られた、私の作品の模写です  ピース割が正確で、並べ方もローマンモザイクの作り方に則って完璧に出来ています 素晴らしいです


 ところで、ガラスモザイクに於ける《シンガーソングライター》とはどういうことでしょう。生徒さんの中には、絵は苦手で下絵を私に頼まれる方もいらっしゃいます。この場合は作詞作曲を私がやってその方が歌を歌う(もしくは演奏する)ということになりますね。また、資料を持ってこられて製作用の下絵に直して欲しいという方の時は、私が編曲をして差し上げることになるのでしょうか。画家の作品を原画にして作られる時は「カバー曲」ということですね(模写には当たらないと思います)・・・なんて、くだらない事を考えてみました。
[PR]
by mosaiquedodeca | 2014-10-31 10:41 | ガラスモザイク教室 | Comments(0)