ガラスモザイクに関する様々な事を綴り、紹介するブログ


by mosaiquedodeca
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第40回朝の会展

 「パンとワイン」のガラスモザイク絵画を出品した「朝の会展」ですが、今年で丁度40回になります。前回書いたように、私はその創立メンバーです。思えば、まだ学生だった頃に、橋本博英先生のご尽力によって第一回朝の会展が開かれてから40年も月日が経ってしまいました。私が辞めた後も後輩の人達がずっと続けていて、とうとう40回にもなったのだと思うと感慨深いものがあります。元々「物を見て描く」という事が基本にある会なので写実絵画が多いですが、最初の頃に比べると随分絵の傾向にバリエーションがあるようです。色んな絵がある中で、私の「ガラスモザイク画」はどう見えるのだろうかと思いました。しかし、特に違和感はありませんでした。色ガラスで出来ているとはいえ、具象絵画として制作しているので、ある程度はしっくりいくだろうと思っていましたが・・。会のメンバーの人達も興味を持って見てくれたようでした。私と同じく創立メンバーだった人も何人も見に来てくれて、閉廊後に一緒に飲みに行って旧交を暖めました。

 さて、以下は前の記事で制作過程を紹介した作品以外の6点です。

b0143231_21492022.jpg


b0143231_21493683.jpg


b0143231_21505137.jpg


b0143231_21511081.jpg


b0143231_21504198.jpg


b0143231_2151540.jpg

[PR]
by mosaiquedodeca | 2013-11-23 21:53 | 展覧会情報 | Comments(0)

パンとワイン3

b0143231_7193625.jpg


 以前、パンとワインをモチーフにガラスモザイク作品を作りました。今回また同じテーマで新作を作りました。しかしこの作品は、実はリサイクル?作品です。というのは、元々違う作品の一部から生まれた作品だからです。
 最初は下の作品を作っていました。しかし、途中で断念しました。パンとワインのボトル、そしてワイングラスを組み合わせた作品だったのですが、周りの色がどうしてもうまく行きません。
 ガラスモザイクは絵具の様に自由に色を作れません。持っているガラスの中から選んで使うしかないのです。フランスパンの皮の部分はパリパリ感を出したかったので、硬い感じの金属質(銅粉〈のようなものかも〉を練り込んだキラキラと反射する)のガラスを使いました。ところが・・・・

b0143231_7201845.jpg


b0143231_7204019.jpg


 周りの部分がどんな色を入れてもしっくりいきません。明るくすると焦げ過ぎたパンの様になって美味しそうではありません。暗い色もダメでした。グレイも茶色も紫もみんなしっくりいきません。そもそもワイングラス&ボトルとの組み合わせが悪いんじゃないか?と思って外しました。

 さて、外したグラスとボトルのセットを使って何か作品が作れないだろうかと考えて制作したのがこの作品です。その制作過程をご紹介します。

b0143231_7212213.jpg
縦長の小品にしました。下が大きく空いてしまうので、パンの切り口が見える様に置いてみました。切り口の部分はパンの中身の柔らかさを出せる様に、キラキラでは無く優しい色合いと柔らかな質感のガラスを使いました(※)。

b0143231_722256.jpg
コルク栓をころがして、後は周りを埋めます。薄緑色にしましたが、これもキラキラ系の色です。キラキラ系の色は練り込みガラスなので、部分によって色が違います。個体差が結構あるので選びながら配置して行きます。

b0143231_725255.jpg
明るいパンの切り口の周りは暗めの色を選んで、パンの皮の周りは明るめの色を配置しました。

b0143231_7253246.jpg
     ほぼ出来上がってきました。


 さあて、残ったパンの方はどうしたものか、只今思案中です。

b0143231_726577.jpg


 パンとワインの作品は東京銀座で他の作品と一緒に(全部で7点の小品です)展示いたします。

第40回 朝の会展
2013,11,21(木)〜24(日)まで
AM10:00〜PM6:00(初日は1:00から最終日は5:00まで)

 私は「朝の会」の創立メンバーなのですが、絵を描けない時期があったりして、退会していました。今回はゲスト出品ということで展示することになりました。銀座に絵を並べるなんて何十年振りでしょう。沢山の油絵と一緒に飾られてどんな感じになるのか怖くもあり楽しみでもあります。


※ この種類のガラスタイルは角砂糖のような、あるいはザラメのような質感を持ったガラスです。粉々に砕いた色ガラス(カレットと言います)を配合して色合いを作り、それを暖めて溶かし、冷まして固めて作っています。しかし、溶かし切らない様に加熱してあるので、つまり途中まで溶けたところで固めるのでザラザラの質感が残ります。色んな種類の(色)カレットを均等に混ぜるので一回の製造では色合いがほぼ均等になり個体差は生まれません。私はこの種類のガラスタイルの事を「ザラメ」と呼んでいます。
[PR]
by mosaiquedodeca | 2013-11-18 07:29 | ガラスモザイクの制作 | Comments(0)

ツバメ

 今年の春に表札を設置した、TANIGUCHI邸の玄関ドアにモザイクを貼付けました。このドアには菱形の小さな窓が三つ縦に並んで付いています。上と下の窓にはガラスが入っていますが真ん中だけタイルが埋め込まれています。そのタイルに代えてガラスモザイクを施して欲しいという注文でした。
 6月頃だったでしょうか、それが出来たので設置に伺いたいとメールをしたところ、意外な返信メールが返ってきました。「実は玄関先にツバメが巣をつくり、卵を暖めていて・・・」 つまりツバメを驚かしたく無いので、大きな音をたてたり振動を与える(ドリルを使ったりして)ような作業は・・・という心配をしていらっしゃるということでした。

b0143231_1744725.jpg



 ツバメと言えば、私が子供の頃実家に毎年来ていました。玄関先・・というよりは、中に(田舎の家は玄関も広くて5〜6畳の立派な部屋でした)巣を作る事もありました。柱に取り付けてある電気のメーターの上に作りました。そうするとその下は白い糞で大変な事になりました。その付近には靴を置けませんでした。それを回避しようと玄関の軒にツバメが巣を作り易いよう板の棚を設置したこともありました。
 このツバメの訪問が、ある年を境にしばらく途絶えたことがありました。それはどうしてかと云うと、どこからどうやって辿り着いたのか一匹の蛇が卵を取りに巣に登ってしまったのです。青大将だったと思いますが、それ程大きい蛇ではありませんでした(マムシくらいでしょうか)。発見した蛇は退治しましたが、まだ卵は残っていたのにその後親ツバメが育児放棄をしてしまったのです。それ以来何年かの間家にはツバメが来ませんでした。大人の弁によると、前の年にそこから巣立ったツバメが新たな番となって帰って来るのだということでした。だから翌年には来ないというのです。そう云えば巣自体も前の年のものを修理して使い回しをしていたように思います。

 さてTANIGUCHI邸ですが、ドリルを使う予定はありませんでした。しかし、なるべく邪魔をしたく無いので(知らない人間が長時間そこで作業をしたら警戒するかも知れません)無事巣立ったら連絡してくださいと伝えておきました。そしたら9月の末頃にそれが巣立ったので設置が出来ると連絡が入りました。10月は台風が多くて行きそびれていたのでとうとう月末になってしまいましたが、取り付けに行って来ました。


b0143231_17441223.jpg
 設置前と設置後、雰囲気が明るくなりました。

b0143231_17451651.jpg


b0143231_17462183.jpg



 ツバメの雛はぴいぴいととても賑やかしい(うるさいとも言える)です。巣から大きな黄色い口を広げて “ぴいぴいぴいぴい!” 。親ツバメが虫か何かをくわえて帰ってくると我先に餌を貰おうと必死で鳴きます。 暫くそういう時を経て、ようやく巣立つと、今度は静まりかえって、なんだか祭りの後の様に寂しく感じたものでした。

 コンスタティン・ブランクーシ(※)の彫刻に「新生」という作品があります。これは人間の赤ん坊の頭(顔)らしき卵形の塊の作品なのですが、その一部が削ぎ落とされ、楕円形の切り口があります。その切り口の端の一部が削られずに残されています。削ぎ落とされたような縦長の楕円形の切り口が大きく開いた口に見え、残された部分がへの字の形の下唇に見えます。それがまるで赤ん坊の大きな泣き声が聞こえるくらいの激しい泣き顔に見えるのです。
 この彫刻を見た時私は、「赤ん坊というのは、とにかく “口” だけの存在なのだ」と云う事を思い出しました。蜜柑が大好きな赤ちゃんに、皮をむいて、袋を裏返しにして食べさせた時のことを思い出しました。蜜柑に食い付き、私の指に吸い付く、その開かれたくちびるは、ツバメの雛の口のようでした。いくら与えても、与えても、休むこと無く唇を開いて突き出す。私は交互に食べるつもりでしたが、結局自分が食べる暇なく与え続けたのでした。その時、赤ちゃんは「存在の殆どが “口” なのだ。“口”でしかないのだ」ということを感じました。彼女と私はこの“口”で繋がっているのだと思いました。全身全霊をかけて大きく口を開けて泣き、同じく大きく口を開けて食べ物を求める。何れの場合も、口から外の世界に繋がっているのです。私には、開かれた口から親への(保護する者への)元に、命の鎖が伸びているように見えました。小さくて無力な存在が、唯一生き延びる為に行える行動が大きく口を開けること、大きく声をあげること。運良く生き延び、成長し、やがて生み、育て、守る側になる。ブランクーシのこの作品には、その命の連鎖の一場面の光景が見事に彫刻されているように感じました。


※ コンスタンティン・ブランクーシ(Constantin Brâncusi) (1876年2月19日〜1957年3月16日)は、ルーマニア出身の20世紀を代表する独創的な彫刻家である。20世紀の抽象彫刻に決定的なな影響を与え、ミニマル・アートの先駆的作品も残した—ウィキぺディア。   20世紀では私の最も好きなの彫刻家です。シンプルで無駄な部分が無く、それでいて抽象ではありません(私の個人的な意見)。あくまで “物” の形を表していて、その本質のみを表現しています。本能に訴えかける形で、私はそれらを「神話的な作品」と感じています。 興味のある方はネットで画像検索をしてみて下さい。検索では出て来ないかも知れませんが、私は「フライイングタートル(飛ぶ=泳ぐ亀)」「手」「慎み(題名が違うかも知れません)」などという作品が特に好きです。
[PR]
by mosaiquedodeca | 2013-11-01 17:56 | ガラスモザイクの制作 | Comments(0)