ガラスモザイクに関する様々な事を綴り、紹介するブログ


by mosaiquedodeca
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2013年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ナウリス君

 早いもので今年ももう2月後半になってしまいました。従って古い話になってしまいましたが、今回の正月も草津のホテルでガラスモザイクの体験講座をやりました。体験講座は例年並でしたが、今回は作品を買って下さる方や注文して下さる方がいらっしゃいました。
前々回、時間の空いた時に作ったホテルのイメージキャラクター「ナウリス君」がロビーに飾ってあります。ホテルにプレゼントしたものですが、それを見て同じものを作って欲しいという方が現れました。

b0143231_1740949.jpg
ロビーに飾ってあるものです。下に“NOWRISORTHOTEL”とホテルの名前が入っていますが、その文字はいらないということでした。リスのキャラクターが可愛いので気に入っていただけた様です。

b0143231_1742076.jpg
下絵です。このロゴマークはホテルの庭に遊びに来るリスをホテルマンに擬人化したものなのです。それでホテルの制服を着ているという訳です。このマークは袋やバッグなど色んなところに使われています。ホテルの売店では縫いぐるみまで売っていて結構人気があります。

b0143231_17422377.jpg
        完成して、基底材に貼付けました。

b0143231_1743593.jpg
        これに目地を入れます。

b0143231_17435386.jpg
        目地をいれました。

b0143231_17441716.jpg
       木の額がご希望でしたので設えました。


 ホテルの体験は午前中、午後、夜と結構長い時間設定されています。お客さんがいつも居る訳では無いので暇な時もあります。今回は時間を持て余さない様に、デモンストレーションも兼ねて作品作りを考えていました。お寿司のシリーズを作ろうと決めていました。

b0143231_17453296.jpg
       最初に手慣らしに卵を作りました。

b0143231_1746621.jpg
       しめ鯖の握り。

b0143231_17475097.jpg
          イクラの軍艦巻き。

b0143231_17483840.jpg
       エビ天。

b0143231_17491950.jpg
昨年の11月に個展をやった時に、作品を買っていただいた方にヒントを頂きました。大好評だった「コーヒー」のモザイクのように「静寂を感じさせる作品を作ったら良いと思う」と言われました。以前、クリスマスのロウソクを作ったのですが、それよりも静かな雰囲気に作りました。モザイク教室の生徒さんにお見せしたら、「ジュルジュ・ラトュールの絵を思い出す」と言われました。

b0143231_1750474.jpg
     赤ワインの作品は結構作りましたが、今回は白ワインです。



 しばらくブログを更新しませんでした。とても忙しかったからです。草津からは1月6日に帰って来ましたが、間もなくして急に忙しくてなりました。というのは2月に行われる美術展の作品集を2冊も作らなければならなかったからです。両方会期の一週間前には完成してなければならず、尚且つ印刷料金を一番安い設定にする為にその9日前に完全原稿を作って印刷屋に発注しなければならないのです(完全原稿というのは印刷会社に一切校正を頼まない原稿のことです:責任はすべてこちらで持つという意味で、印刷料金を押さえるためにこの形をとります)。2冊も画集を作るというのは結構大変です。作業の段取りは以下のような具合です。
 先ず、作品の写真撮影をして(撮影も私がやります。その為にカメラを新調しました)そのデータをコンピュータに取り込みます。次にその作品写真一点一点を画像処理します。明度、彩度、カラーバランス、コントラスト等を調整する訳です。その時に作品をページ毎に振り分けます。絵の色調、コントラスト、引き(静物の様に比較的アップで描かれているもの、遠くの山を描いた風景などのように対象が遠くにあるもの:視点が描かれている物に寄っているか後ろに引いているか)の具合など、更に作品が写実的な作品か、ファンタジックなものか、大きなタッチで描いているか、細かく描かれているかなど、様々な要素を考慮した上で、つまり、どの組み合わせが一番お互いの作品を引き立て合うか? という事を考えて同じページに入れるものを選定します。次にページの配置を考えます。例えば肖像画があったら、左側に配置するものは右向きの(モデルの視線が右側を向いている)人物を、右側はその逆にするなどします。また、引きのある作品の隣りにアップで描かれている作品は持って来ないとか、見る人が疲れない様に工夫をします。すべてがうまく行く訳ではありませんが、試行錯誤して出来るだけ見易いページ作りをします。
 1冊は50点くらい、もう1冊は105点作品があります。その他にも人物写真が10枚程。これらの写真の画像処理だけでも結構時間がかかります。あまり長時間コンピュータの作業をすると体がおかしくなります。作業に入ると気が付かないうちに何時間も経っていたりするので携帯の目覚まし時計を2時間毎に鳴る様にセットして休憩を取っていました。仕事で外に出掛ける用事の無い日は一日中、外出した日でも帰って来て時間の空いた時はコンピュータの前にいました。そんな訳で1月から2月の初旬まであっという間に通り過ぎてしまいました。途中インフルエンザに罹ってしまいました。さほど酷くならずに済みましたが、治ってもカルチャーセンターの担当者からはお休みして欲しいと言われ、その分時間が出来て作業に没頭出来ました。お陰で何とか2冊とも一週間以上前に出来上がりました。やれやれ。
[PR]
by mosaiquedodeca | 2013-02-20 17:55 | ガラスモザイクの制作 | Comments(0)