ガラスモザイクに関する様々な事を綴り、紹介するブログ


by mosaiquedodeca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

パンとワイン

b0143231_15445189.jpg


 8月はあちこちで夏休み体験講座があって大忙しでした。それらがようやく終了して、ゆっくり休めるかと思うとそうでもありません。8月中にお渡ししなければならない作品が、手を付けられないまま残っています。その内のひとつ、パンとワインをモチーフにした作品を昨日依頼者の方にお渡ししました。前日に完成というギリギリの状態でしたが、出来上がった作品には結構満足しています。
 結婚される友人の方に送られるそうで、どのようなモチーフにしようかと話し合った結果、パンとワインが良いだろうとことになりました。今迄結婚のお祝いには葡萄の作品が定番でした。しかし頼まれた方が、アトリエに飾ってあったワイングラスに赤ワインが入っている作品をいたく気に入られ、それが欲しいと言われました。ただ、そのご友人の方(女性)がお酒が大好きなら、ワインが特に好きと云うなら良いですが、何しろ結婚のお祝いですから・・・。「それじゃあ、パンを付け加えて作ってもらえますか?」と言われました。聞けばキリスト教信者の方だそうです。「なるほどね、それにしよう」。パンとワインはキリストの血と肉を意味しているらしいのです。たしか、最後の晩餐の時に弟子達に分け与えたのがパンとワイン・・・だったような気がします。
 丁度パンを描いた水彩の小品があったので、それを元に作る事にしました。頭の中では随分前にこの作品は完成していたので、作り始めたら一挙に仕上がりました。ガラスの色選びに多少迷いましたが、あとはスムーズに制作出来ました。ガラスモザイクは頭の中にイメージが無いと作り始められません。明確なイメージが無くて始めると中々仕上がらないのです。絵と違ってモチーフを前にして見ながら作ることはしません。下絵を準備して、限られたガラスの色から最も相応しい表現になるものを選んで作ります。今回ははっきりとした計画が頭の中で出来上がっていたので、直ぐに完成しました。忙しくて手を付けられないでいた時間が長かったのが却って良かったみたいです。その間に頭の中で完成してしまったからです。

b0143231_15453183.jpg
     切り口がこちらを向いた中央のパンを左右反転させて採用しました

b0143231_15474525.jpg
         全体図です

 以下は部分のアップ

b0143231_15482212.jpg


b0143231_15491391.jpg



 夏休み中の体験講座は全部合わせて250人くらいの子どもたちがガラスモザイクを作ってくれました。写真はあんまり撮れませんでしたが、次回その一部をご紹介します。
[PR]
by mosaiquedodeca | 2011-08-29 15:52 | ガラスモザイクの制作 | Comments(2)

バランスおもちゃ

 千葉こどもの国で夏休み特別講座と題していつものガラスモザイクと全く違う物作りの体験講座をやっています。7月には2回やりました。
 6月の初旬、園の担当の方から “何か夏休みならではの、いつもと違う特別メニューを考えて貰えないか?” と頼まれました。昨年は体験講座を担当している(市原工芸会の10人程の人達でそれぞれの専門分野に類する子供向けの体験講座を交替でやっています)それぞれの人達が夏休みバージョンのメニューを作ってやりました。しかし、いつものメニューとさほど変わらないものになってしまいました。そこで今年は何か夏休みならではの特別なものを・・・・、ということでした。
 私はこの4月から工芸会の「こどもの国の手づくり講座」の担当責任者をやっています。そこで私に、そう云う相談が来たのです。長い間美術工芸教育の仕事に携わって来ましたので、アイデアは結構持っています。工芸会の複数の人間が担当しなければならないので、ある特定の専門ジャンルに片寄ってもいけませんし、複数の素材が合体したミックス体験が望ましいのです。そこで、いろいろ考えたのですが、今年は「バランスおもちゃ」を作らせることにしました。

b0143231_11102891.jpg


 木と鉄(ハリガネ)とガラスを使っていわゆる「弥次郎兵衛」を作ります。三つ又になっている木の枝を逆さにして立て、ハリガネでアームを作り、アームの先に細いハリガネで括った色ガラス片を重りにしてぶら下げてバランスを取ります。アームの先に更にアームを取り付けて両端にガラスの重りを付けるなどして、3〜4個のカラフルなガラス片がぶら下がります。それが風に煽られてゆらゆら動くという仕組みです。

b0143231_1111223.jpg


b0143231_11115592.jpg


 体験は、枝が逆さまに立つように余分な長さをノコギリで切る所から始まります。ラジオペンチでハリガネを曲げたり、支点を作る為に鋲に巻き付けたり結構いろんな工程があります。ハイライトはやはりアームの長さと重りの重さとでバランスを取る所です。

b0143231_11124593.jpg


 小さい子供用に小さいサイズのものも用意しました(木の枝は大き過ぎるので小っちゃい土台で)。アームの長さと重りの関係は、みんな説明すると理解します。感覚的に分かるみたいで、幼稚園位のお子さんでも試行錯誤しながらちゃんと作っています。

b0143231_1115778.jpg
        出来上がりました

b0143231_1116337.jpg
        吹いて回転させてみます

b0143231_11171131.jpg
       うまくバランスがとれましたね、ご満足です

b0143231_11181153.jpg
        こちらは真剣な眼差しですね



 この講座は8月もやる予定です。
8月6日(土)、7日(日)、20日(土)、21日(日)の4日間です。
私は6、7日を担当します。

 《 小学生、幼稚園のみんな、ぜひ作りに来て下さいね。夏休みの宿題にもなりますよ・・・・》
[PR]
by mosaiquedodeca | 2011-08-04 11:22 | 体験教室・こどもの国他 | Comments(0)