ガラスモザイクに関する様々な事を綴り、紹介するブログ


by mosaiquedodeca
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

チャリティー展

b0143231_2333515.jpg


 1週間程前の話になりますが、大網白里町美術会で東日本大震災の被災地に売上を寄付する為の展覧会を開催しました。「東日本大震災チャリティー・ふるさと美術展小品展」と題して、ギャラリー古屋敷でやりました。3〜40人位の人が出品したでしょうか・・・、私は水彩の小品を出しました。出来るだけ売れ易いように小さな作品を出したのですが、それは売れなくて、下敷きにしていたガラスモザイクのプレートが2枚売れました。なんとか私も協力出来てほっとしました。展覧会は盛況で、出品した殆どの人の作品が最低でも一点は売れました。お金の話をして恐縮ですが、私の予想をはるかに超えて60万円程売上げがあったそうです。私は他所から来た新参者ですが、美術会のメンバーは土地の方々だったり、長く住みついている方ばかりなせいか、素晴らしい人脈を持っていらっしゃいます。本当に沢山の人が協力して下さった結果です。私は自分の作品が売れるかどうか全く自信がありませんでした。せめて違う形ででも協力しようと、展覧会のハガキ作りを担当したくらいでしたから。

b0143231_2334159.jpg
         案内状

b0143231_2335551.jpg
        水彩の作品

b0143231_23354243.jpg


b0143231_23361616.jpg


b0143231_2336373.jpg
最初は、上の透明なアクリル板に挟んだ水彩の作品の下に敷いていましたが、あまりにいろんな人に「これは売り物じゃないの?」って聞かれるので、急遽値段をつけて売る事にしました。

 チャリティー展は毎年行う予定でいます。今回のような大災害は直ぐに復興するようなものでは無く、長く掛かることが予想されるからです。寄付自体は僅かなものですが、我々大網白里美術会は、継続する事が一番大事だと思っています。
[PR]
by mosaiquedodeca | 2011-07-27 23:39 | 展覧会情報 | Comments(0)

楓の木

b0143231_16534473.jpg


 顔が熱い! 炎に炙られている様だ。焚き火にあたっているような熱さ・・・ちょっと寝坊してしまったらの話です。この季節、朝の犬の散歩が結構辛いです。いつも行っている時間帯では暑くてどうにもなりません。早朝でないと厳しいです。それもかなり早く。5時に起きて出掛けたんではもうダメです。真横から差し込む朝日が眩しいだけでなく、熱いのです。麦わら帽子をおもいっきり横にずらして顔をガードしながらでないと歩けません。今日はこれを避けるために4時過ぎに起きて、薄明かりの中出掛けました。さすがにこの時間は涼しくて結構でした。
 今日はクーコが定期的に(1週間に一回くらい)行くコースのひとつを行きました。前に書いた事がありますが、クーコはその日によってコースが変わります。2日続けて同じコースという事はまずありません。そのコースは私が変更しようとしても絶対無理なのです。彼女はどういう訳かその日行くコースを最初から決めていて、それを決して譲りません。無理にひっぱると前足を踏ん張って抵抗します。首輪がとれちゃったこともありました。そんな訳で私はいつもクーコの言いなりなのです。今日のコースは一番遠回りのコースです。1時間くらいかかる事もあります。このコースを半分位行ったあたりでリードを緩めて(伸縮自在のリードです)ちんたら歩いていたら、一本の楓の木が朝日の中に見えてきました。
 いつも何気なく見ていましたが、今朝凄い事に気が付きました。道からは逆光になって見辛いので今迄気が付かなかったのです。この楓の木、実はとんでもない所から伸びていたのです。

b0143231_16542913.jpg
       切り株の後ろに生えていると思っていたら・・・・・

b0143231_16552859.jpg
       なんと切り株から生えていたのです。

b0143231_165647.jpg
       アップで見るとこんなです。



 元はそうとう大きな木だったようです。凄く太い切り株ですから。なんということでしょう、切り株の端っこから葉っぱが出て来て、やがて枝になり、新たな幹に成長したのです。切り株の窪みには土が溜まって他の植物が生えているのに・・・お見事!!!

 切り株を見ていると、今日本の置かれている状況が重なって見えます。地震と津波にやられ、更に重い原発事故に脅かされている。打ちひしがれる事も忘れ、呆然としているような状態。太かった幹を突然ぶった切られ、息の根を断たれたような感じです。このまま日本は沈没してしまうのではないか? という見方さえメディアに載るようになってきました。これからじわじわと事の重大さが明らかになって来ることでしょう・・・。
 しかし、起きてしまった事はもうどうしようも無いことで、先ずは状況を正しく把握して、(今マスコミに出ていることよりはるかに厳しいという)認識を出来るだけ多くの人と共有する事だと思います。現実をありのままに見つめて、勇気を持って受けとめるしかありません。そこから始めて少しづつ立て直して行けば、やがてこの楓の木のように新しい幹を立ち上げることが出来るかもしれません。今日はなんだか、その啓示を受けたような気がしました。
[PR]
by mosaiquedodeca | 2011-07-15 17:01 | Comments(0)