ガラスモザイクに関する様々な事を綴り、紹介するブログ


by mosaiquedodeca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

コアラとユーカリ

b0143231_6354746.jpg



 この春那須にオープンしたペンションのオーナーの方に頼まれてウェルカムボードを作りました。デザインはおまかせということでした。どういうものを作ろうかと考えましたが、ヒントはペンションの名前にありました。悠香里と書いてユーカリと読ませ、「ゲストイン悠香里」。ユーカリと言えばコアラですね。オーナーのリクエストは、 “ご家族連れのお客様が多いのでカワイイものを” ということでしたのでこれはもうコアラしかありません。さっそく下絵を書いてメールでお送りしたら、「O K!」ということでしたので作り始めました。

b0143231_6362386.jpg
       下絵

b0143231_637062.jpg
       上の文字から制作

b0143231_6375585.jpg
     枠に貼付けたところ。これに目地を入れて完成です

b0143231_6384315.jpg
     黒目の部分に反射のキレイなガラスを入れました

b0143231_6392682.jpg
上の下絵で気が付かれたでしょうか? 実はウェルカムの文字はユーカリの葉っぱで出来ています

b0143231_640759.jpg
       お送りする前に庭先で撮影

 オーナーの野口さんにはとても喜んで頂きました。夏休み迄に欲しいと言われていたのですが、なんとかぎりぎり間に合ってほっとしました。

 美味しいフランス料理と天然温泉、そしてオーナー家族(お子さんもお手伝いされるそうです)のアットホームなおもてなしのペンションです。ぜひご家族でお出掛け下さい。「ゲストイン悠香里」のホームページはこちら
[PR]
by mosaiquedodeca | 2010-07-27 06:42 | ガラスモザイクの制作 | Comments(0)
 やっと梅雨が明けたと思ったら連日暑いです。私の住んでいる所は田圃や木が結構あるところなので、まだ良い方なのでしょう。朝晩は少し涼しいので助かります。でもって、クーちゃんの散歩は5時頃に起きて行きます。その頃でないと直ぐに暑くなってしまって、寝坊などしようものなら行くのが嫌になります。私も50代後半になってジジイに近くなってきたので朝は早く目が覚めてしまうようになりました。4時過ぎに目を覚ましてしまってなんとなくラジオを聞くことがあります。昨日、一昨日と2日続けてNHKのラジオ深夜便を聞いてしまいました。女優の中井貴江さんが小津安二郎監督の思い出を語っているのが結構面白くて聞き入りました。目が覚めても直ぐに起き上がりたい訳ではないので、ベッドの上でぐずぐずしていているのが心地よいです。そんな時深夜便のインタビュー番組を聞いているのは丁度よい感じで引き込まれです。聞き終わったら散歩です。

 さて、一昨日の日曜日は千葉こどもの国でガラスモザイクの体験教室を開いてきました。子どもたちはもう夏休みに入ったんですね。彼等は暑さなど大して気にしている様子はなく、元気いっぱいでした。

b0143231_7144516.jpg
    うまそうな西瓜です

b0143231_7153874.jpg
    これは花火だそうです。なるほど

b0143231_7162188.jpg
    これはお家かな?

b0143231_7185087.jpg
    目地を入れました

b0143231_7194264.jpg
   2人姉妹の下のお子さんとお母さんの合作。きっちり出来ていますね。

b0143231_7202334.jpg
    こちらはお姉ちゃんとお父さんの合作

b0143231_7212170.jpg
これもお父さんとお子さんの合作です。お父さんがとても正確な下絵を描いてその通りに作ったので凄く良い出来になりました。今までアンパンマンを作った人は沢山いますが、これが一番の出来です。

夏休み特別プログラムとして、今夏はネームプレートが作れるようにしました。そしたら、早速作って下さった方がいらっしゃいました。

b0143231_722950.jpg
mitsuhashi さん。とっても文字数が多いので音の頭だけ大文字で後は小文字にすることをお薦めしました。これでなんとか画面に収まりました。(土台は100mm×200mmサイズです)

b0143231_7223987.jpg
淡いグリーンの目地を詰めて出来上がり。目地が乾くと明るくなり、文字がもっとはっきりと出て来ます。

b0143231_7233948.jpg
tatenoさん。新婚ほやほやの奥さんの作です。新しい名字が新鮮なのでしょうね、
なんだか嬉しそうでした。目地を詰めて大事に持って帰りました。(実は私の知り合いの方です)
[PR]
by mosaiquedodeca | 2010-07-20 07:27 | 体験教室・こどもの国他 | Comments(0)
 私の住んでいる茂原市は千葉県でも太平洋に面していて、房総半島の外側にあるので外房と言います。反対の東京湾に面した地域を内房と言います。内房の木更津市にある物作り作品のお店、セレクトショップ&サロン「デコラデコ」で時々ガラスモザイクの体験講座をやっていることは前に書きました。そこのオーナーの物井さんがお隣の君津市の図書館(君津市立中央図書館・地域情報センター)で展覧会をやるので一緒に出品して欲しいと言われました。ガラスモザイクの展覧会は茂原市近辺では何度もやっていますが、内房の方ではやった事が無いので良い機会だと思いやる事にしました。昨日その搬入をしてきました。

b0143231_773658.jpg
   君津図書館は新しい、とてもキレイな建物でした

b0143231_7115161.jpg
   入り口

b0143231_71245100.jpg
   細長い廊下のような感じの展示室です

b0143231_714352.jpg
   展示はこんな感じです

b0143231_7145223.jpg
   物井さんの人形の展示

 展覧会は17日土曜日までやっています。
[PR]
by mosaiquedodeca | 2010-07-13 07:21 | 展覧会情報 | Comments(0)
 このブログを始めた時、はっきり誓った訳ではありませんが食べ物屋のことは書かないようにしようと思いました。人にお勧め出来るような特別おいしい食べ物屋(高級な、つまりお値段の高いお店)などには行きませんし、第一グルメ(食通)じゃありません。どちらかと言えば何でもおいしいと思ってしまうグルマン(大食い)ですから。しかし、今日はその食べ物屋の事をあえて書きます。

 私は月に2回千葉駅近くのNHKカルチャーセンターにデッサンを教えに行っていますが、最近ここに行く楽しみが一つ増えました。講座は午後1時半から始まるのですが、その前に昼飯を食べます。大体は「安い〜の、早い〜の、おいしい〜の!」でお馴染みの大手牛丼屋チェーンの「Y野屋」にゆくのですが、今年に入ってからそこのお店が閉じてしまいました。牛丼屋も潰れるくらい、不況はひどくなってきたのか? と思って暗い気持ちでいましたが、暫くした後その場所に行ってみたら新しいお店がオープンしていました。

b0143231_8342716.jpg


“なんだ、今度はそば屋になったのか、「そば」って書いてあるぞ・・・・あれ?、『Y野屋』とも書いてある” そのお店は新装開店した「Y野屋」だったのです。お店の名前は「そば処Y野家」。早速行ってみると、おそばのメニューがあります。そこにあった説明を読んでびっくり、なんと “そば粉100%” と書いてあるではありませんか。 “え〜!、うそだろ〜!” と心の中で大声で叫んで、実際には小さな声でブツブツ人に聞こえないようにつぶやいて、早速注文。以前、やっぱりそば粉100%と謳ってある(雑誌に出ていた)お店に入ったことがありましたが、まがい物でした。味が違ったのです。 私は長野県にいたことがあって、蕎麦にはちょっとうるさいのです。長野県に住むまでは蕎麦の味ははっきり言って、知りませんでした。しかし、そこでそば粉100%のお蕎麦をいつも食べていたので、蕎麦の味は分かるようになりました。100%かどうかくらいは当然区別がつきます・・・.多分。100%でない蕎麦は、お蕎麦とは別メニューだと思っているくらいです(蕎麦通気取りのこだわりです)。
 蕎麦はワサビより唐辛子(それも善光寺で売っている八幡屋礒五郎)で食べた方がおいしいということや、きざみ海苔をかけると蕎麦の味が分からなくなるのでかけない方が良い、むしろ安い海苔だと磯臭くなって不味いことなど、食べ続けているうちに色んなことがわかりました。落語に、蕎麦通の(粋で意地っ張りな)江戸っ子が死に際に「一度で良いから汁をつけて蕎麦が食いたかった」と言う話がありますが、おいしい蕎麦は本当に汁をつけない方がうまいことも知りました。さすがに汁はつけて食べましたが、時々味を確認するために何箸かはそのまま食べていました。蕎麦を “のどごし” だけで食べるのが、またおいしいのです。汁をつけずに食べてもおいしいのは100%の蕎麦だけです。
 もりそばが330円、いくらなんでも100%の蕎麦がこんな値段で食える訳が無い!。半信半疑で箸を付けてみたら・・・???、うまいじゃないか!!!。おやおや、いけますよ。その後、毎回食べてますが、やっぱり美味しいのです。恐るべし「Y野屋」、たったの330円でそば粉100%の蕎麦が食べられるなんて奇跡です。しかも2枚もりが500円、これを食べたらお腹にずっしりきます。参りました・・・、これ以上言うと「Y野屋」からいくらか貰ってるんじゃないか? と疑われそうなのでこのくらいにしておきます。しかし、長野県から帰ってきて、もう美味しい蕎麦は食べられないと思っていたところ、こんなに身近に食べられる所が出来たので嬉しくなってつい書いてしまいました。
 この100%の蕎麦は全国すべての「Y野屋」で食べられるのかと思ったら、千葉ではまだ2件だけ、千葉駅の近くとららぽーとにあるお店だけだそうです。しかし最近市原市の市役所通りを走っていたら、新しく出来たカインズホームの所に同じ看板が見えました。ネットで調べ直したら、千葉県では新たに2件増えています。東京都に8件、埼玉県に4件。なんだかどんどん増えて行くみたいで、早く近所に来ないかととても楽しみです。
[PR]
by mosaiquedodeca | 2010-07-05 08:38 | Comments(0)