ガラスモザイクに関する様々な事を綴り、紹介するブログ


by mosaiquedodeca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

散歩道

b0143231_22331293.jpg


汗ばむような暖かい日があったかと思うとそれが一日しか保たず、翌日には気温が10度以上も下がって冬のような寒さになってしまう。なんだか今年は変な陽気ですね。いったいいつになったら春が来るんでしょう? もういい加減寒いのは勘弁して欲しいものだと愚痴を言いたくなるこの頃です。
しかしそんな陽気でも、外を観れば確実に春の景色になって来ています。我が家は田園地帯の中にあって、周りは水を張った田んぼでいっぱいです。気温は低かったですが、この土日はよい天気だったので、それが一斉に薄緑色に変わりました。
一年で一番美しい季節がやってきました。枯れ草色だった地面は緑に変わり、木々は常緑樹の黒っぽい葉の中に落葉樹の若葉の色が加わって、いろんな緑の諧調豊かな色合いになりました。田んぼは鏡を貼ったように、その木々の緑と明るい青空のコントラストを映し込んでいます。毎朝のクーコの散歩がとても気持ち良くなって来ました。

b0143231_22335092.jpg


クーコにはいくつかの散歩コースがあります。そのコースを日替わりで変えるので毎日行く道が違います。2日続けて同じコースに行く事はめったにありません。私は基本的にどの道に行くかはクーコにまかせています。彼女がその日のコースをいつどのように決めているのかは不明ですが、その選択には確たるものがあるようです。私が別のコースに誘っても決してそちらには行こうとしません。足を踏ん張って抵抗します。無理矢理引っ張っても一旦は従いますが、迂回して結局自分の行きたい方に行こうとします。それでも違うコースに連れて行った時などは、1時間くらい廻って帰っても、家に入ろうとはせず、また最初に行きたがったコースの方に向かおうとします。結局いつもの倍くらい歩かされることになります。
今日はそのコースの1つ、田んぼ道に来ました。この道は車が殆ど通らないので安心してリードを外せます。田んぼの向かい側には我が家、モザイクハウスが見えます。

b0143231_22344241.jpg

道を進むと前方に佇まいの良い家が一軒見えてきます。

b0143231_22352667.jpg


b0143231_2236631.jpg

近付いて見ると、軒が張り出し、厚みがある訳では無いのに比較的どっしりとした屋根です。

b0143231_22365759.jpg

良く見ると梁間方向の屋根の線が直線では無く湾曲しています。どっしりした安定感はこのカーブが醸し出していました。

b0143231_2237457.jpg


b0143231_2238786.jpg

表に廻るとこんな感じです。


実はこの美しい家は大工の阿保昭則さんが昔建てた家です。前にも書きましたが、阿保さんは超一流の腕を持った大工さんです。NHKの特集番組でも取り上げられた、日本一の鉋削りの腕を持つ大工なのです。普通そういう超一流の腕を持つ職人さんというと、頑固で怖そうな親父をイメージしますが、彼は全くそういう感じの人ではありません。朴訥とした人当たり穏やかな感じの人です。
彼と知り合ったのはこの家がきっかけでした。この家は我が家を建てて貰った工務店のゲストハウスなのですが、そこの社長さんに「オグロさんの家の近くに今建てているいい家があるから見にいってみたらいいよ。すごい腕の大工さんが建てているんだよ」って言われて見に行ったのがそもそもでした。そこで彼と友達になる元となったある事件が起きるのですが、その話は長くなるのでまたこの次にします。

※ 梁間側から見て中央部が上方に湾曲した屋根は京都の辺りで見た事があります。仕事で京都から滋賀に向かう道中、道路沿いの家々の形がなんとなくふっくらとして良い感じがしたので何でだろう? と思いました。そこで良く気を付けて見たら屋根が僅かに上に湾曲していたのです。どの家もそういう造りになっていて、町並みに風格がありました。それをやる為に大工さんがどれほどの手間を追加しなければならないかは知りませんが、美的観点から見ると格段の違いがあると思いました。それに気が付いた時私はとても感動し、伝統と歴史を感じて、豊かな気持ち包まれたのを憶えています。
[PR]
by mosaiquedodeca | 2010-04-26 22:43 | 阿保さんと耕木杜 | Comments(0)
b0143231_633415.jpg


T さんはとてもユニークな作品を作ります。絵がとっても上手で、可愛くてユーモラスな下絵を描いて来て作品にしています。例えば上の作品。黒猫が赤いマントを羽織って、赤いバッグを持ってこちらを見ている図。題して「猫のおつかい」。この作品はなかなか完成しませんでした。ピースの並べ方がいまいち理解出来ずに何度もやり直したからです。最初の頃の T さんは私がちょっと目を離すとすぐに適当な形のピースを並べて空間を埋めてしまいました。それだと色は合っているのですが形や空間が “モザイク” の絵にならないのです。それでやり直さざるを得なくなるのでとても時間が掛かるという訳です。
 “モザイクは自分には向いてないのかしら” なんて弱音を吐く事もしばしばでした。そんな T さんでしたが、ある時一大決心をして、教室の棚に立てかけてあった私の古い作品(桃の作品)を模写すると言い出しました。それはいつもの作品よりはずっと大きい作品だったのでちょっとびっくり、 “大丈夫かなあ?” と思いました。しかし考えてみれば、ピース割りが大きくてとても分かり易い作品なので見本通りに作れば形の法則性がよく理解出来る筈です。この時は私も殆ど付きっきりで、ガラスピース一個一個をすべて妥協する事なく正しい形と並べ方を指導しました。ちょっと時間は掛かりましたが完成させてみたら、どうでしょう、多少ぎこちなさはあるもののきちんとした作品が出来ました。この作品が出来てからの T さんの作品作りには劇的な変化がありました。ピースの形の作り方が完全に理解出来たようで、次に取り掛かった作品はするするとスムーズに行き、あっという間に出来あがってしまいました。その作品は一回の授業で完成し、写真を撮る間も無くその日に持ち帰られたので残念ながらここでご紹介出来ません。

b0143231_6363666.jpg



b0143231_637429.jpg


その後は作品作りが本当に面白くなられたようで、嬉々として取り組んでいらっしゃいます。最近はけっこう難しい作品に臨んでいます。ご自宅だか親戚だかの家の池に立派な鯉が居るそうで、それをモチーフに作っておられます。見てください、この躍動感のある力強い鯉を。こどもの日までには出来上がりそうです。

b0143231_6375873.jpg



b0143231_6383425.jpg
     こちらは以前のもの。猫の作品同様、とても楽しい作品ですね。
[PR]
by mosaiquedodeca | 2010-04-20 06:49 | ガラスモザイク教室 | Comments(0)

川上犬?クーコ

b0143231_208564.jpg


 以前、我が家の愛犬クーコは “川上犬” ではないか? という話を書きました。家の裏に死にそうになってうずくまっていた生後2〜3ヶ月の青い首輪をした犬は、成犬になった後、信州の温泉の駐車場で地元の老人に川上犬だと断定されました。その老人はクーコに近寄って来てじーっと見つめた後、家内に「これは川上犬だなあ。うん、違いない!」と言って去って行ったそうです。私たちはネットで川上犬について調べたり、日本犬について記述してある本を読んだり、果ては川上村まで行って旅館に泊まり、村内の川上犬を見て回ったりしました。その結果、 “確かに似ている犬はいる。しかし、同じ川上犬といっても体毛の模様は全て同じという訳でも無く、クーコと同じ個体もいればそうでないのもいるし、非常に近いけれど、せいぜい川上犬の血が混じった犬なのかも知れないというところだ” という結論になりました。だいたい全国に350頭しか居ない川上犬の子犬がどうして千葉県の我が家の裏に捨てられていたのか? 説明がつきません。
 ところが……です。最近ネットで、子育てをしている川上犬の動画を見付けたのですが、その母犬の顔がクーコに瓜二つなのです。頭骸骨の形、額の真ん中に溝があって黒っぽい線になっているところ、耳がいわゆる差し耳といって頭の上方では無く横の方に付いている(柴犬等の日本犬でも差し耳はあんまり見かけません)こと。また、体表の模様も全く同じです。正面から見ても上から見下ろしても、横からみてもクーコに顔がそっくりなのに驚きました。
それは、ハッピーという名の犬で「川上犬ハッピー」で検索すると出て来ます。 川上犬ハッピーのご紹介

b0143231_2093810.jpg


b0143231_20131513.jpg


b0143231_20133852.jpg


b0143231_20135779.jpg


 クーコは言葉が話せません。いったい何処から来たんだい? と訊いてみる訳にもいかず、その出生は謎のままです。川上犬で無くとも似たような外見になる犬が居るものなのか? 混血を重ねた結果、偶然似たような犬が出来るものなのか?
 結局謎はずっと解けないままになるのでしょうね。とてもじれったいですが、仕方ありません。そんなことどうでもいいと言えばいい事なんですけど、自分の飼っている犬が何か特別な存在と考えたい飼い主の虚栄心と、拾った犬の出生を知りたいという素朴な気持ちから、ついついこだわってしまいます。誰か犬に詳しい人がいたら教えて欲しいです。


b0143231_20143013.jpg


b0143231_2014506.jpg

[PR]
by mosaiquedodeca | 2010-04-12 20:17 | 猛描プータと愛犬クーコの話 | Comments(0)

桜の国

b0143231_583058.jpg


千葉県こどもの国キッズダムと言えば桜の名所でもあります。この週末にガラスモザイク体験教室を開きに行ってきました。お天気が良く絶好のお花見日和でした。来園者は3千人以上あり、広い公園ですがいっぱいのお客様で賑わっていました。
モノヅクリングビレッジにも多くの子供たちが来てくれて、元気に体験をしてくれました。桜を見るのも楽しみで出掛けたのですが、朝一からお客さんが見えて結構忙しく、なかなか桜を楽しむ余裕がありません。しかし、お昼頃に少し空いたので10分ほどふらりと園内を散歩してみました。桜の写真を何枚か撮ってきました。
元気に遊び回っている子どもたちは桜を見てどのように感じているのでしょうか? 私たち大人のように “ああ、キレイだなあ” とか、“春が来たんだなあ…”なんて思うのでしょうか? 遊びに夢中で桜にはあまり感心が無いようにも見えますが、案外それでも大人になってみれば(自分の子供の頃のことを思い出すと)今日の日の桜の美しさを妙に憶えていたりするものなのかも知れません。

b0143231_592259.jpg


b0143231_594137.jpg


b0143231_51079.jpg


b0143231_5103677.jpg


b0143231_510588.jpg


それでは、子どもたちの作品の一部をご紹介します。


b0143231_512957.jpg


b0143231_5123286.jpg


b0143231_517082.jpg


b0143231_5172154.jpg

カブト虫は2人兄弟の下の小1くらいの男の子の作品。お兄ちゃんはクワガタを作り、おかあさんは紫陽花の花をお作りになりました。そちらも素晴らしい作品だったのですが残念ながらデジカメの電池切れでその2点は撮れませんでした。
[PR]
by mosaiquedodeca | 2010-04-05 05:18 | 体験教室・こどもの国他 | Comments(0)