ガラスモザイクに関する様々な事を綴り、紹介するブログ


by mosaiquedodeca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 最近、ガラスモザイク教室の生徒さんが増えてきて、アトリエのスペースが足りなくなってきました。そこで広くするために部屋を片付けていたら、古いモザイクの作品が出て来ました。親戚の人に頼まれて5〜6枚作った時に余分に作り置いたものです。その存在自体すっかり忘れていたので、見付けた時はなんだか得したような気がして嬉しかったです。隠しておきながら忘れてしまったヘソクリを見つけた時のような感じでしょうか? 最近の私の作品より大胆ですが、思っていたより奇麗だったのでホッとしました。それはどうしてかと云うと、何点も依頼されて一気に作ったので、なんとなく大雑把になったんじゃないかという気がしていたからです。
 過去の作品を見る時、すごく良く出来たというイメージを持っていたものがイマイチの出来で、ガッカリする事が多々あります。そうかと思うと昔描いたクロッキーやデッサンなんかをめくっていると、その時の気持ちや描いた対象の人物なんかの思い出が甦ってきて、懐かしさも手伝って「結構よく描けているじゃん!」なんて思う事もあります。又、描いた当時の自分の頭を撫でてあげたいような気持ちになることもあります。「よしよし、よく頑張ってるね」なんて…。

b0143231_9422211.jpg


 何故桃の作品にしたのか忘れましたが、これを作った時はステンドグラスに使う虹色の反射を持つ(イリデッセントと呼ばれる)ピンク色のガラスが桃の表現にぴったりで、それを活かそうと思ったことを憶えています。そして、細長で柔らかそうな葉っぱと桃(図:いわゆる“地と図”の図の部分)、それと背景の白いスペース(地)の形とのバランスなんかを考えていました。但し、今改めて見て、とても不満なことがあります。背景の白い部分のガラスのピース割りが間違っている事です。桃や葉っぱの形を縁取りするように作るのですが、只やみくもに輪郭に沿ってガラスピースを並べれば良い訳ではありません。

続きを読む
[PR]
by mosaiquedodeca | 2009-02-28 09:51 | ガラスモザイクの制作 | Comments(0)

朝の光

b0143231_942877.jpg


 今日は朝早く目が覚めたのでいつもより少し早めの時間にクーコを連れて散歩に出ました。外に出てみると朝日は登ったばかり、田んぼに反射して眩しい朝の光……。アレっ、なんで? 田んぼに水が……。まだ2月だというのに、田植えの準備にしては早すぎないか? 今から水を張ってどうするのでしょう……。
 私は農家の生まれですが、次男坊だったので田んぼの手伝いはそれほどしませんでした。ですから、稲作の段取りの事はよく分かりません。今から水を張って田んぼの土を解しておくのでしょうか?

b0143231_942569.jpg


 そんな事を考えながら振り返ると、モザイクハウスにも朝日が当たり、ガラスモザイクに陽光が反射して、キラキラと輝いています。早起きした時はいつもこの光景を目にします。多分、この時間帯がモザイクハウスの最も奇麗に見える時間帯です。オレンジ色に染まっていますが、夕日ではなく朝の光です。さあ、一日が始まります。今日もやらなくてはいけない事がいっぱい、頑張らなくっちゃ……………。

続きを見る
[PR]
by mosaiquedodeca | 2009-02-21 09:47 | Comments(2)
 ガラスモザイク教室の生徒のOさんから、友達にあげたいので「猫の顔」のガラスモザイク・コースターを作って欲しいと言われました。私は、板金屋さんに頼んでいくつかの寸法のステンレス製のプレートを作ってもらい、その中にガラスモザイクを貼付けた製品を作っています(ガラスモザイクプラックという名前で)。100mm角、150mm角、200mm角の3種類あって、それは元々ガラスモザイクタイルとして既製の陶磁器タイルに混ぜて壁に貼付けるように考えて作ったものです。でも、使いようによっては150mm角、200mm角のものは鍋敷きに、100mm角のものはコースターとして使えます。その中で、真ん中に猫の顔をデザインしたものがあるのですが、それを見ていたOさんが、可愛がっていた猫が死んで寂しがっている友達がいるから、猫の顔をあしらったガラスモザイク・コースターをあげたいと言うのです。その猫は緑色の目をした猫だったそうで(我が家で飼っていた猫、プータも奇麗な緑色の目をしていました)、早速作って渡しました。

b0143231_10322921.jpg


 コースターを渡した次の教室の日にOさんが、「実は先生、友達にコースターをあげたら、猫がかわいそうで熱いお茶が入った茶碗など乗っけられないって………」って言うのです。

続きを読む
[PR]
by mosaiquedodeca | 2009-02-19 10:42 | ガラスモザイクの制作 | Comments(3)
b0143231_19223763.jpg


 毎年この時期になると、コンビニやスーパーの一角にチョコレートのコーナーが出現して、その辺りがパーッと花が咲いたようににぎやかになります。でも、昔から私はあんまりこのバレンタインの騒ぎには縁がなく、良い思い出がありません。回りの男性は皆沢山チョコをもらっている様子が見られるのですが、どういう訳か私には、本命チョコは勿論ある訳ないですが、義理チョコがほとんど集まりません。そのことに若い頃は、顔には出しませんでしたが、さみしい思いをしていました。、独身の頃の話ですが、2月14日が出勤日のことがあって(専門学校の非常勤講師で、週に2回くらい行ってました)、誰か気を効かせてオレにもチョコをくれないかなあ…と密かに期待して待ってましたが、いっこうに自分の所に女の子が来ません。目の前で渡されている同僚がいるのに、私は唯眺めているだけでした(出来るだけ無関心の振りをして)。とうとう暗くなって帰ろうとすると、

続きを読む
[PR]
by mosaiquedodeca | 2009-02-07 19:43 | ガラスモザイクの制作 | Comments(0)